FIRE運動が広がるとアーリーリタイアが遠ざかる・・・

『40歳で引退 「FIRE」運動』という記事が日本経済新聞に掲載されいた。

アーリーリタイアを夢見る自分としてはとても気になる内容。冒頭部分を抜粋。
米国の若者の間で「FIRE」と呼ばれる運動が広がっている。「Financial Independence, Retire Early(経済的に自立し、早く引退しよう)」の略。40歳前後でのリタイアをめざし、収入の7割を貯蓄に回したり、家賃を浮かすため船で暮らしたりする人もいる。倹約生活は2008年の金融危機を目撃し、経済的な豊かさに疑問を感じながら育った世代ならではの潮流だ。

「働くことは美徳」とされる日本で起こった現象であればネガティブな論調になりそうなところだけど、アメリカで始まった現象だからか「アーリーリタイアはスマート」的な内容になっているように感じた。

アメリカでFIRE運動がどんどん広がってくれると、日本の「働くことは美徳」論者も静かになってアーリーリタイアを目指す自分にとっては追い風になるのかもしれない。

ただ、一方で、FIRE運動による個人消費の落ち込みが株価に悪影響を及ぼし、逆にアーリーリタイアが遠ざかってしまう恐れもありそうだ。



ということで、「FIRE運動」とか言ってないで、アメリカ人にはガンガン働いてドンドン消費してもらって株価を釣り上げてもらいたい。

そのためにも、日本の「働くことは美徳」論者は声を弱めることなく、ぜひアメリカ人に向かって声高に働くことの美徳を説いて欲しいな・・・。





まあでも、冗談ではなく、アメリカ人が「FIRE運動」とか言っているようでは、株式投資の将来が心配になってくる。杞憂であればよいけど・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-01-27 08:15 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム