お金は人間関係のベース・・・

「社会学講義」(橋爪大三郎、佐藤郁哉、吉見俊哉、大澤真幸、若林幹夫、野田潤 著)という本を読んだ。


社会学とはどんなものかを紹介する内容。

社会学は、「人間と人間との関係」を扱う学問であり、政治学・経済学・法学などと同じく社会科学の一つとのこと。

政治学は人間と人間との「権力の関係」を扱い、経済学は人間と人間との「貨幣による関係」を扱い、法学は人間と人間との「法律による関係」を扱う、というようにそれらは人間と人間との特殊な関係のみを扱う。

一方、社会学はもっと多様で一般的な関係を扱う、ということのようで、政治学・経済学・法学などもすべて内包してそれらの上位に位置するようなイメージだと理解した。

また、社会学を社会学たらしめているものは主題であり、その主題は「社会秩序はいかにして可能か」という問いに集約できるとのこと。



「社会秩序はいかにして可能か」という問いを今の資本主義社会において考えてみると、カギとなるのは「お金」なんだろう。

グローバル社会と言われる今の時代、国内はもとより世界の人々がお金で結び付いているように思う。

政治的に対立しようとも、宗教的に対立しようとも、お金を介せば世界の人々が結び付くことができる(政治的な対立や宗教的な対立よりも、金儲けの方が大切・・・)。



このように考えてみると、資本主義社会では人間関係のベースはお金なんだろう。

ということで、コミュニケーション能力で劣る自分は、必要最小限の人間関係を確保するためにも、せいぜい資産形成に励んでおきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-02-09 08:08 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム