コミュニケーション弱者の「つぶしが効く能力」・・・

「やりたい仕事よりありたい自分」という大分大学講師碇邦生氏の記事が日本経済新聞の「私見卓見」というコラムに掲載されていた。


次の記述が気になった。
100歳まで生きるなら仕事人生が1社で終わることはあり得ない。雇用の安定が組織によって保障されない時代だ。とすると、倒産や給与未払いのリスクが低い安定した組織を選ぶのではなく、どの組織でも通用する専門性を持って雇用の場を安定して確保する姿勢が求められる。

「どの組織でも通用する専門性」と書かれているけど、ますます社会の変化が激しくなるだろう中、また、AIに仕事を奪われるとか言われている中、そんなものは無くなっていくように思う。

したがって、専門性よりも「つぶしの効く能力」を身に付けることで雇用の場をなんとか確保する姿勢をとりたい、と個人的には思う。



つぶしの効く能力と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「コミュニケーション能力」だけど、その素質の無い自分は「コミュニケーション能力」はあきらめた方が良さそうだ。

そんな「コミュニケーション能力」に欠ける自分が、なんとかクビにならずに仕事を継続できているのは何故だろうかと改めて考えてみると、(今現在は通用している専門性を除くと)つぶしの効きそうな能力としては「人一倍たくさん考えて人一倍ストイックに行動できる能力」がありそうだ。

そして、この能力はコミュニケーション弱者だからこそ身に付いたようにも思う。

すなわち、他の人がコミュニケーションをとっている時間も自分は1人でアレコレ考え事をすることが多いため、長時間考え続けることができるようになった。

また、口でうまいことごまかして楽をするような芸当ができないため、口下手さを行動でカバーしてきた結果ストイックに行動できるようになった。




ということで、これからも人一倍たくさん考えて人一倍ストイックに行動することでなんとか仕事を確保して、資産形成に励んでいきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-02-09 07:22 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム