犬畜生同士が反目しあう世界・・・

「社会学講義」(橋爪大三郎、佐藤郁哉、吉見俊哉、大澤真幸、若林幹夫、野田潤 著)という本の感想、3回目。


色眼鏡の話が印象的だった。
人は誰もがどこかの社会に属しており、何らかの価値を前提とすることなしに物事を考えることは不可能である。たとえそれがどんな色であれ、色のついた眼鏡越しにしか、世界を見ることはできないのだ。しかし自分がどのような色の眼鏡をかけているのかを自覚し、その偏りを自ら省みることで、己の価値観を素朴に特権視するような態度から、可能な限り距離をとることはできる。

要は「自分のところのルールにあてはめてみると、相手は皆、犬畜生になってしまう」し、それは「お互いさま」なのである

人はその社会特有の色眼鏡をかけて世界を見ており、異なる社会の人たち(色眼鏡が異なる人たち)はお互いが犬畜生に見えてしまうということのようだ。

極端に言うと、同じ社会に属する人たちでもそれぞれの色眼鏡は若干異なるだろうから、人は周りがみんな犬畜生に見えてしまうのかもしれない・・・。



自分の色眼鏡や周りの人たちの色眼鏡について、その詳細を把握できれば良いのだろうけど、それはなかなか難しそうなので、少なくともみんな異なる色眼鏡をかけているということは意識しておきたい。



このようなことを考えると、周りの人たちにとってこのブログは犬畜生ブログなんだろうな。

まあでも、それはお互い様ということで・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-02-10 05:40 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム