お金(損得勘定)にとらわれすぎ・・・

「世界を、こんなふうに見てごらん」(日高敏隆 著)という本の感想、2回目。


キリスト教を絶対視しない西欧人もいるという話が印象的だった。
 西欧はキリスト教という一神教を信じるがゆえに、絶対の神の法則を解き明かす科学が発展したという。
 しかし、ぼくの学んだフランスは、西欧の一部ではあるが、西欧的になっていない人が、数少ないながらもいるところだった。
 その意味でヨーロッパの知識層はすごいと思っている。生きる自信を宗教に頼らない層がちゃんとある。もちろんキリスト教に頼る一般の人々は非常に多いけどれど。
 そういう、西欧的ではない人は絶えず悩みながら生きている。楽ではないから。
 でもそういう人たちに出会ったときは、非常にうれしかった。
 彼らはものごとを相対化して見るツールのひとつとして科学を使っている。科学が絶対と信じ、それを唯一のものの見方とする姿勢ではないのだ。
 神であれ、科学であれ、ひとつのことにしがみついて精神の基盤とすることは、これまでの人類が抱えてきた弱さ、幼さであり、これからはそういう人間精神の基盤をも相対化しないといけないのではないか。

絶対的に正しいことなんてないため、特定の宗教や科学などひとつのことを絶対視するのは危険だ、ということと理解した。

集中投資はリスクが高すぎるから分散投資するべし、というのと同じようなことだろう。


自分の場合を改めて考えてみると、学生時代(理系)は「科学」を、サラリーマンになってからは「お金」を絶対視してきた(いる)ように思うので気をつけたい。



ということで、お金(損得勘定)に偏り過ぎた今の考え方を改めて、人生における分散投資を意識していきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-02-11 05:39 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム