サラリーマンの賞味期限とアーリーリタイア・・・

「社員の賞味期限」という記事が日経ビジネス(2018年2月19日号)に掲載されていた。


企業の生え抜き人材が時代の変化に対応できずに「お役御免」を言い渡される事例が目立ち始めており、その原因は定型的な仕事が減って創造性を要する仕事が増えたことではないか、というようなことが書かれていた。

さらに、生まれ持った資質の関係で誰もが創造的な仕事をこなせるわけではなく、学歴重視で採用された大卒総合職のほとんどは定型業務向きの人材とのこと。

そして、そのような定型業務向きの人材は次のどちらかを目指すべきと書かれていた。
1.早々に出世して管理職になる(創造性を要する仕事は現場に任せて自らは管理に徹する)
2.希少なスキルを要するなどの誇りをもてる定型業務につく



定型業務しかできないであろうさえない自分もまったく他人ごとではなく、サラリーマンとしての賞味期限を意識する必要がありそうだ(すでに賞味期限切れ?)。

目指すべき上記2つの選択肢のうち、自分は「1.早々に出世して管理職になる」はできそうにないので、「2.希少なスキルを要するなどの誇りをもてる定型業務につく」を目指すしかないような。

第3の選択肢は無いかと考えてみると、アーリーリタイアを夢見る自分にぴったりの案がある。
3.賞味期限が切れる前にアーリーリタイアする



ということで、定型業務を確保し続けるべく希少性を高めるためのスキルを身に付けつることに努めつつ、アーリーリタイアするための資産形成に引き続き励んでいきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-02-24 07:16 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム