読書メモ79 『ジム・クレーマーの株式投資大作戦』

『ジム・クレーマーの株式投資大作戦』
ジム・クレーマー

主として個別銘柄への投資に関する本であり、
バイ&ホールドではなく、バイ&ホームワークを推奨している。
要するに努力を怠るなと言うことだ。

本書で、個人的に気になったのは下記2点である。


1.インデックスファンドとアクティブファンドについて

時間に余裕の無い人には
インデックスファンドを勧めるという内容があり、
次のような記述もあった。

以下抜粋
『ボーグルによると、運用規模を五億ドル以下に抑え、
新規顧客を一切増やさず、元本プラス増殖分だけを巧みに運用する場合に限り、
インデックスファンドを上回ることはありうるのだという。』

この内容によると、
新規顧客や運用規模に制限のないアクティブファンドは要注意と言うことであり、
現在自分が投資している『ひふみ投信』についても注意する必要がある。
注意するとしよう。


2.相場サイクルとトレーディングの戦略

自分は、景気の循環に合わせて株式と安全資産の比率を調整することを考えているが、より効率的な手法としてセクターローテーション戦略なるものがあるようだ。

つまり、景気循環と株価の関係がセクターごとで異なることを利用するのだ。
うまくいけば効率よく利益を上げることができる。

自分としては、とりあえず株式と安全資産の比率の調整から試してみよう。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-12-08 06:36 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム