「人間に服を着せるなんて」と嘆く人へ・・・

『「犬に服を着せるなんて」と嘆く人へ』という記事がニューズ・ウィーク日本版(2018年2月20日号)に掲載されていた。

記事からの抜粋。
オオカミが人間に飼いならされたのは3万~1万年前。その後、長い年月をかけて性質は穏やかになり、ついには「人間の最良の友」となった。

それには代償が伴った。何世代もの人為的な交配を重ねて、強くたくましいオオカミは姿形もさまざまな愛らしいペットに変身したが、その過程で生存能力は大幅に低下したのだ。

犬に服を着せるのは単に飼い主の自己満足からというだけではなく、生存能力の低下した(人間に低下させられた)犬たちにとってはむしろ必要という側面もあるようだ。



では、人間に服を着せるのはどうなんだろうか?

被害妄想の激しい自分としては、人間に服を着せるのはアパレル業界の策略に違いないと勝手に思い込んでしまう。

特に、ちょっとした違いですぐにヘンだの時代遅れだのヒステリックに騒ぎ立てる偏屈な(良く言えばイケてる)人たちは何なんだろうか。アパレル業界の回し者以外ありえないような。

まあでも、人間に服を着せるのはアパレル業界の策略からというだけではなく、暑いアフリカ大陸で誕生したと言われる人間たちにとってはむしろ必要(防寒対策)という側面もあるのだろう。

なんだか丸く収まりそうになってきたけど、しかし、人間が暑いアフリカ大陸で誕生したことにしていることからしてアパレル業界の策略かもしれないし・・・。



「そんなに文句ばかり言うんなら服を着るな」と言われそうだけど、いま以上にさえないキャラのレッテルを貼られると生きていけそうにないので、おとなしくアパレル業界のお世話になって人間らしい服を着るように努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-03-02 18:01 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム