投資も宇宙もわかったようでよくわからない・・・

「宇宙論入門 ―誕生から未来へ」(佐藤勝彦 著)という本を読んだ。

宇宙論の概略を紹介する内容。


宇宙誕生の流れを次のように理解したけど、わかったようでよくわからない話。

------
無(真空、ゆらぎ(物質と反物質の生成・消滅))
 ↓
トンネル効果で宇宙誕生
 ↓
真空の相転移の始まり
 ↓
力の進化(重力、強い相互作用、弱い相互作用、電磁相互作用の誕生)
 ↓
インフレーション(宇宙の急激な加速的膨張)
 ↓
真空の相転移の終わり
 ↓
ビッグバン(真空の相転移の潜熱による)
-----

「わかったようでよくわからない」原因について考えてみると、次の2点が関係あるように思う。

1.人間は相対論や量子論を直観的に理解できるように作られていないから
  (相対論や量子論は人類が認識してきた現実世界と相容れない)
2.宇宙の誕生や未来について仮説を立てることはできても検証ができないから
  (宇宙を始まりから終わりまで外から観察することができない)



同様の「わかったようでよくわからない」は、資産運用にも当てはまるように思う。

すなわち、「確定拠出年金」や「つみたてNISA」で推奨されて自分も実施している長期・分散・積立投資の有効性はわかったようでよくわからない。

「わかったようでよくわからない」原因について考えてみると、上記同様次の2点がありそうだ。

1.人間は長期・分散・積立投資を直観的に理解できるように作られていないから
  (狩猟採集時代に身に付けた感覚(短期志向・アクティブ志向など)と相容れない)
2.今後の長期・分散・積立投資の成果について仮説をお立てることはできても検証ができないから
  (過去のデータから仮説は立てられたとしても・・・)



まあでも、わかったようでよくわからない宇宙の中で、わかったようでよくわからない長期・分散・積立投資を続けていくしかなさそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-03-15 07:38 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム