好きなことは小出しに実施すべきか

解釈が間違っているかもしれいないが、
行動経済学で有名なプロスペクト理論からすると、
以下を実践するのが合理的と言えるのだろうか。

『好きなことは小出しに、嫌なことは一気に実施』

例えば、合計金額が同じ場合、
一年に一度超高級料理を食べるよりは、
月に一度高級料理を食べる方がよく、
さらには、毎日プチ贅沢料理を食べる方が合理的である。

また、
嫌なことを毎日少しずつ実施するよりも、
1週間分、1か月分、1年分、さらには1生分、
をまとめて実施する方が合理的である。

感じ方は人それぞれなのかもしれないが、
自分的には納得である。
実生活で有効活用するとしよう。


なお、プロスペクト理論は以下の2つからなると解釈しており、
上記は2.を利用している。
1.絶対値が同じであれば得よりも損の方を重大に感じる
2.絶対値が増加するに従い、得or損の感じ方の増加は緩やかになる

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-12-08 09:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム