浮世絵「東海道五拾三次」から文章術を学ぶ・・・

「筆意」という言葉が「美の巨人たち」というTV番組に出てきて気になった。

歌川広重の浮世絵「東海道五拾三次」の最後の一枚「京師 三条大橋」を取り上げた内容。


橋と山の位置関係など、この絵には事実と異なる部分があるけど、それは「筆意」のためという。

「筆意」とは? 歌川広重の言葉とその解説部分を抜粋。
写真(しょううつし)をなしてこれに筆意を加ふる時はすなわち画なり

つまり写生をすることでモノの形を自分の中に取り込み、それを筆のおもむくまま再び形に表したものこそ絵だと

事実を正しく把握できていなったというよりも、効果的に表現するためにあえてそうした、ということのようだ。


これは絵に関する話だけど、文章でも同様のことが言えそうだ。

すなわち、見たり聞いたり読んだりすることで世界の姿を自分の中に取り込み、それをペン(指)のおもむくまま文字で表現したものこそ文章であり、効果的に表現するためにあえて山の位置を動かしたりすることもある。



ということで、歌川広重の「京師 三条大橋」を見習って、このブログも効果的な文章が書けるよう努めていきたい。



でもその前に、世界の姿をより正しく把握できるよう努める方が先だけど・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-04-08 05:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム