成長したいか それとも最強でいたいか・・・

「コトラーのマーケティング・コンセプト」(フィリップ・コトラー 著、恩藏直人 監訳、大川修二 訳)という本の感想、4回目。

「市場を再定義する」という話が印象的だった。
ゼネラル・エレクトリック(GE)のジェック・ウェルチ(Jack Welch)は、かつて社員に向かって次のように語った。「現在の市場シェアがわずか10%となるよう、市場を再定義せよ」。現在50%のシェアを占めていると考えるのではなく、シェアが10%にまで低下するような、より大きな市場のなかに自社を位置づけよということだ。

成長戦略を描くためには、シェアが10%程度になるよう市場を定義し直すべし、と言うことのようだ。

例えば、国内シェア50%の老舗企業の場合、未開拓の海外にも目を向けるとシェアは低くなり、まだまだ成長の余地はある。


逆に考えると、市場の定義しだいでは自社のシェアを高くすることができ、アピールや自己満足に使うことができそうだ。

例えば、上記老舗企業は、低い世界シェアよりも高い国内シェアでアピールした方が受けが良いだろうし、自己満足に浸ることもできるだろう。



このような話は企業だけでなく個人にも当てはまりそうだ。

例えば、国内最強のスポーツ選手も、成長のためには海外に出ていく(より大きな市場に出ていく)必要がありそうだし、逆に、注目されたり最強でいたかったりするのであれば国内にとどまった方が(より小さな市場に身を置いた方が)良いのかもしれない。

さえない自分の場合も、さえない人市場に絞ると普通の人になることができるだろうし、真のさえない人市場に絞ると最強になることもできてしまうに違いない。

逆に、普通の人市場に目を向けるとさえない人になってしまうけど、危機感が芽生えて成長しようと努力するもしれない。



ということで、その時々の必要性に応じて、事業や自分を位置づける市場を選択するよう努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-04-20 07:12 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム