「神の見えざる手」を仕組み化する・・・

「ポスト アメーバ ディスコが挑む超個人主義経営」という記事が日経ビジネス(2018年6月11日号)に掲載されていた。


株式会社ディスコの「ウィル経営」を紹介する内容。

「社員の経営参加意識を高める」ための仕組みとして、京セラの「アメーバ経営」を超える領域を目指しているとのこと。

「ウィル経営」とは? 記事からの抜粋。
ディスコは「Will(ウィル)」という社内通貨を設け、社員のあらゆる仕事にウィルのやり取りを付随させる。例えば営業員が外部に製品を販売すると、その売価に一定割合を上乗せしたウィルを受け取る。

一方、販売のために物流や社内システムを使うと、その担当部署や社員に経費としてウィルを支払う。加えて自身の人件費も費用として計上する。会議室を使えば使用料を払い、他の社員に応援を頼む時にはその対価を払う。

営業だけではない。研究開発、工場、さらには人事、総務まで、4500人の全社員(海外含む)が、同様に部署や社員間の仕事の依頼、請負をすべて取引と見なして収支を明確にしているのである。

社員一人一人に個人単位の収支の責任をもたせる制度のようだ。「社員の経営参加意識を高める」というよりも「社員を個人事業主的にする」というような印象。

各自の収支を最大化するように行動させると、「神の見えざる手」ならぬ「ウィル制度の仕組み化された手」が働いて会社全体の収支も最大化する、というようなことを狙っているのだろう。

言わば、「見えざる手」を仕組み化するための制度であり、また、全体主義と個人主義のジレンマ?を解消するための制度。すなわち、全体主義的にすると個人の当事者意識が低くなってしまって良い結果が得られないし、逆に個人主義的にすると個人の利益が優先されてしまって良い成果が得られないし、というようなジレンマを解消する。



「手」が「ジレンマ」を解消してくれるこのような話を考えていると、この自己満ブログにも当てはまりそうだ(当てはまってほしい)と思えてきた。

すなわち、このブログは一見自己満足のためだけに書いているように見えて、実は「ブログの神様の見えざる手」が働いて読者満足にもつながっている(可能性もゼロではない)。

しかも、自己満足を追求すればするほど読者満足も向上する(可能性も現段階で否定できるものではない)。



ということで、「ブログの神様の見えざる手」を(都合よく)信じて、心置きなく自己満ブログを書き続けていきたい。

結果的に読者がいなくなってもブログの神様は読んでくれるに違いない・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-04-29 07:19 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム