アイデアも戦略もカリスマもいらない・・・

「ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則」(ジェームズ・C・コリンズ、ジェリー・I・ポラス 著、山岡洋一 訳)という本の感想、2回目。


ビジョナリー・カンパニーの調査を進める中で崩れていった十二の神話について書かれていた。

崩れた十二の神話とは次のようなこと。


神話一
すばらしい会社をはじめるには、すばらしいアイデアが必要である
→ビジョナリー・カンパニーはすばらしいアイデアが無く、スタートで躓いた企業が多い

神話二
ビジョナリー・カンパニーには、ビジョンを持った偉大なカリスマ的指導者が必要である
→偉大なカリスマよりも長く続く組織作りの方が大切

神話三
とくに成功している企業は、利益の追求を最大の目的としている
→単なる金儲けを超えた基本理念も利益と同じく大切にしている

神話四
ビジョナリー・カンパニーには、共通した「正しい」基本的価値観がある
→基本的価値観は様々であり、内容よりもいかに深く信じているかが重要

神話五
変わらない点は、変わり続けることだけである
→基本理念も変わらない

神話六
優良企業は、危険を冒さない
→社運を賭けた大胆な目標に挑むことを恐れない

神話七
ビジョナリー・カンパニーは、だれにとってもすばらしい職場である
→基本理念と高い要求にぴったりと合う者にとってだけすばらしい職場

神話八
大きく成功している企業は、綿密で複雑な戦略を立てて、最善の動きをとる
→「進化論」に倣って「大量のものを試して結果的にうまくいったものを残す」戦略の方が良い

神話九
根本的な変化を促すには、社外からCEOを迎えるべきだ
→社内人材の方が基本理念が維持されるので理想的

神話十
もっとも成功している企業は、競争に勝つことを第一に考えている
→進歩を続けることをより重視する

神話十一
二つの相反することは、同時に獲得することはできない
→二者択一ではなく、両方を同時に追求できると考える

神話十二
ビジョナリー・カンパニーになるのは主に、経営者が先見的な発言をしているからだ
→基本理念を浸透させることが大切


これら十二の神話は、確かにその通りかなと思ってしまうようなことばかりだけど、実は正しくないと言われると、自分がいかに多くの間違えた思い込みをしているかを思い知らされる。

多くの間違えた思い込みをしているのは自分だけではなく他の人たちも同様だろうから、周りの人たちの言うこともあまり真に受けない方が良さそうだ。


ということで、人はすぐに間違えた思い込みをしてしまうと考えて、自分の思い込みを真に受けないように、また、周りの人たちの言うことも真に受けないように気を付けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-05-02 20:23 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム