日本の賃金が上がらない理由 その2

プレジデント(2018年3月5日号)に日本の賃金が上がらない理由に関する記事が3つ掲載されていた。

2つ目は「世界で給料が高騰、取り残される日本人」という大前研一氏の記事であり、日本のエンジニアの給料が上がらない理由について書かれていた。
このような世界的なエンジニアの「価格高騰」からまったく隔絶されているのが日本。エンジニアも含めて日本人の給料はこの20年間、まったく上がっていない。日本のエンジニアの給料が上がらないのはなぜか。理由の一つは日本独自の雇用慣習にある。日本の企業が学卒を採るときは事務職もエンジニアも大量一括採用して、同じ給料でスタートするわけだ。世界のエンジニアは何ができるかで名札と値札が決まる。

国内に安住するエンジニアにも問題がある。日本の企業に就職して、下働きから始まってコーディング(プログラムを書くこと)経験ばかり延々積み上げた結果、40代になってもマネジメントできないエンジニアも多い。それでは給料は上がらないし、コーディングをやる人材なんてフィリピン辺りにごまんといるから、そのうち取って代わられる。

すなわち、職種間で差が付きにくい給料体系と、その状況に甘んじて国内に留まるエンジニア自身、の2点を理由として挙げている。

さえないエンジニアの立場からすると、能力によって差がつきやすい給料になってもかえって困ることになりそうだし、また、海外に出てまで給料を上げたいとも思わないので、今の状況で特に困らないし、むしろ好都合なのかもしれない。

まあでも、今後は能力主義が進んだり国内の仕事が減ったりすることで、給料が大きく下がったり失職したりする恐れもありそうなので、今のうちにアーリーリタイア資金を築いておくのが良さそうだ。


ということで、今のうちにせっせと資産形成しておくとしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-05-19 07:13 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム