「持ち家」VS「賃貸」 法律的には・・・

「持ち家と賃貸は法律上はどちらが有利か」という記事がプレジデント(2018年3月5日号)に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
得なのは持ち家か、賃貸か。マネーの観点からよく語られるテーマだが、法律の観点ではどちらが有利だろうか。服部梢弁護士は、「相続トラブルになりやすいのは持ち家」と、賃貸に軍配を上げる。

ただ、税金に着目すると、一概に賃貸が有利とはいえなくなる。不動産の税制上の評価額は、時価より低くなることがほとんど。同額の資産を持つなら、現金より不動産のほうが相続税を抑えられる。

 では、相続トラブルを防ぎ、なおかつ節税できる方法はないのか。服部弁護士はこうアドバイスする。
「戸建てを売却し、代わりに相続人の人数分の戸数のマンションを購入して、賃貸に出す方法が考えられます。マンションを人数分用意しておけば、相続時に共有することなく分割できます。マンションは一戸当たりの土地の持ち分が少ないため、戸建て以上に節税対策の点で有利です」

すなわち、持ち家は相続時にトラブルになりやすい一方で税制上は有利であり、したがって、相続人の人数分のマンションを購入して賃貸に出しておくことで相続時のトラブルにもなりにくく、かつ税制対策にもなるため理想的、ということのようだ。

賃貸生活に満足している自分としては、賃貸が法律的に大きなマイナスというわけでもなさそうなので、また、相続人の人数分のマンションを購入して賃貸に出しておくというような芸当もハードルが高そうなので、これからも賃貸生活を続けていきたい。


ということで、これかも賃貸生活を続けながら資産形成に励んでいくとしよう ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-05-20 06:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム