ESGアクティビストと正義ビジネス・・・

「ESGアクティビストに屈する企業」という記事が日経ビジネス(2018年7月23日号)に掲載されており気になった。

米スターバックスや米マクドナルドがプラスチック製ストローを廃止する裏側にはESGアクティビストの動きがあるとのこと。
ストローなどのプラスチック片を海洋生物が飲み込むなどの環境汚染が深刻化し、欧州連合(EU)や英米などで規制が強まっているが、それだけが理由ではない。その裏側では、別の圧力が高まっている。

企業やその株主に働きかけ、ESG(環境・社会・ガバナンス)対応を推進させようとする“ESGアクティビスト”の動きだ。英語のアクティビストは「活動家」を意味するが、日本では米サード・ポイントに代表される「物言う株主」のイメージが強い。だが、ESGアクティビストは、株式を大量に保有していなくても、機関投資家などと連携することで、環境問題への対応に関して、企業に強い影響を及ぼすようになっている。

3月のスターバックスの株主総会では、As You Sowのプラスチック製ストロー禁止の株主提案を機関投資家などの多くの株主が支持。提案自体は否決されたものの、30%弱の高い支持を得たことが、同社の背中を押したのだ。

ESGアクティビストは金儲けを企んでいるのだろうか、それとも、純粋に環境のことを思っているのか、あるいは、ただ好きでやっているだけなのか?

すなわち、損得で動いているのか、善悪で動いているのか、好嫌で動いているのか?

被害妄想の激しい自分としては、ESGという“正義”を水戸黄門の印籠のように使って金儲けを企んでいるに違いない、と思ってしまう(違うかもだけど・・・)。

言わば、正義ビジネス。

正義をいかに金儲けに結び付けるかが問題だ。

偏見だろうけど、そういうのは欧米人が得意なような・・・。


ということで、ESGアクティビストから学んで?、欧米人を見習って?、正義でもなんでもかんでも金儲けに結び付けようとする姿勢を身に付けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-05-26 06:08 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム