S&P500より好成績の投資信託はどれくらいあるのか・・・

「投信番付」という日本経済新聞のコラムに米S&P500種株価指数よりも好成績の株式投資信託がどれくらいあるのか調査した内容が掲載されていた。

過去10年間でS&P500(課税前分配金再投資ベース)よりも好成績(リスクが小さくリターンが大きい)だった国内公募追加型株式投資信託は以下の4本だけだったとのこと。順位はリターンの大きい順。

1.スーパー小型株ポートフォリオ(三井住友DS)
2.三井住友・中小型株ファンド(三井住友DS)
3.ジャパニーズ・ドリーム・オープン(三菱UFJ国際)
4.スパークス・新・国際優良日本株ファンド(スパークス)
----ここまでがS&P500よりリターンが大きい-----
5.ひふみ投信(レオス)


「ひふみ投信」はよく見かけるし成績が良い印象があるけど(上位4つは初めて見る名前・・・)、そんな「ひふみ投信」よりS&P500の方が好成績だったということのようだ。しかも、S&P500を上回ったのはたったの4つだけ。

米国株が人気の理由がよくわかる。

なお、経済危機後の10年なので特に高かったのだろうけど、S&P500の10年間のリターンは370.9%とのこと。



ということで、今後も米国株式が好調なことを期待して、米国を含んだ外国株式(MSCIコクサイ)への投資を続けていきたい。

10年後はどうなっていることやら・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-05-26 07:12 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム