「流される資産形成」から「実証的な資産形成」へ・・・

「ビジョナリー・カンパニー4 自分の意志で偉大になる」(ジム・コリンズ、モートン・ハンセン 著、牧野洋 訳)という本の感想、2回目。

前回書いた、カオスな時代でも躍進する企業のリーダーにそなわる4つの性質の中の「実証的創造力」(他人や社会通念ではなく、科学的に実証できる根拠をより所に大胆で創造的な行動に出る)に関して、他人や社会通念に流されやすい自分は要注意と思った。

とは言え、あらゆることに対して実証的であろうとすることは時間的に無理だろうから、少なくともお金にまつわることについては今まで以上に実証的になりたい。

より具体的には、稼ぎ方(仕事)、使い方(節約)、殖やし方(投資)のそれぞれについて、他人や社会通念に流されることなく、科学的に実証できる根拠をより所に行動するよう努めていきたい。


現状を改めて考えてみると、サラリーマンになったのは他人や社会通念に流された結果のように思うし、積立投資をしているのも他人や社会通念に流された結果のように思う。

唯一、節約だけが他人や社会通念に流された結果ではないように思うけど、「科学的に実証できる根拠をより所」にしているのかと言われると疑問であり、単に自分の本能(ケチケチ本能)に流されているだけのような。



ということで、他人や社会通念や本能に流されないような、実証的な資産形成を目指していきたい。



まあでも、結果的に資産形成できているのであれば、流されるのもありかもしれないが・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-06-01 08:41 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム