読書メモ81 『天才数学者、株にハマる』

『天才数学者、株にハマる』
ジョン・アレン・パウロス

これまでに読んだ本とかぶる内容が多かったからか、
個人的にはそこまで興味をひかれる内容ではなかったが、
考えた内容をメモ書きしておく。


数学者でさえ株で利益を上げる方法がよくわからないという事実がある中で、
利益を上げるために自分が積極的にできることはあるのだろうか?

インデックス投資を勧める本でよく書いてあるように、せいぜい、
低コストのインデックスファンドに長期分散投資することくらいなのだろうか?
つまり、無知な自分が変に選択するよりも、選択しない方が良いのではということ。

では、自分が他者を出し抜くために
積極的に実行できる要素は無いのかと考えたときに、
思い浮かぶのは精神論であり、「忍耐」や「禁欲」などである。
ただ、これは積極的と言うよりも消極的という方がしっくりくる。

例えば、
・短期的に利益が出なかったり損失が出たとしても、長期投資を続けること
・欲張りすぎてリスクをとりすぎることなく、
 或いは逆に、リスクを恐れて安全になりすぎることなく、中庸でいられること。
・自分で積極的に実施できる要素が何もないとしても、
 おもしろくないからと辞めてしまわずに続けること。
などである。

要するに、感情に流されずに淡々と続けることである。
そのための「仕組み」を作ることが大切なのかもしれない。

そう考えると、
自動引き落としの定期積立はよくできた「仕組み」である。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-12-21 02:38 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム