敵は常に内部にいる 陸軍と海軍の不毛な争い・・・

「敗戦真相記」(永野護 著)という本の感想、2回目。

陸軍と海軍の対立の話が印象的だった。
戦争が進むに従って、この陸海軍の対立がひどくなり、整備の点から言っても、陸軍が次第次第に海軍の領域に侵入してきて、陸軍は自分だけで船舶兵というような水兵をつくり、駆逐艦もつくり、潜航艇もつくった。進んで航空母艦も戦闘艦もつくらなければならないと言い出した。これでは何のために一国のうちに、海軍というものがあるのか、わからなくなる。もちろん陸軍専用の造船所もつくる。(中略) つまり日本の軍部というものは陸軍国、海軍国という連合国以上の何物でもなかったというのが実情でしょう。

陸軍と海軍は協力的ではなかったようで、極端に言うと邪魔し合っていたようだ。

内部で争うエネルギーがあるなら、それを外に向ければ良いのにと思ってしまうけど、こんなことはどんな組織でも起こりそうなこと。内部で不毛な争いを繰り返して本来の目的がおろそかになる。


また、同様の不毛な争いは個人の中でも繰り返されているような。

例えば、お酒を飲みたい陸軍と健康のために控えたい海軍が個人の中で不毛な争いを繰り返して、アーリーリタイアという本来の目的がおろそかになる。



ということで、個人的にも仕事上でも、陸軍と海軍が不毛な争いを繰り返して本来の目的をおろそかにしないよう気を付けていきたい。



ちなみに、個人的な人生の目的(暫定)は自己満足の最大化であり、あくまでもアーリーリタイアはそのための手段にすぎないので、そのあたりも混同しないように陸軍や海軍に言い聞かせておきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-06-22 09:24 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム