日本よりも解雇しにくいヨーロッパの国々・・・

『「労働流動化」の絶対視 避けよ』という大阪大学名誉教授猪木武徳氏の記事が日本経済新聞に掲載されており、次の箇所が気になった。
労働慣行や労働市場のどこに問題があるのかを検出することは難しい。日本に固有の問題と世界共通の問題を識別するのも容易ではない。江口匡太・中央大学教授の「欧州の国々と日本のマクロ経済指標を比較し、日本の失業率や労働生産性などのパフォーマンスは必ずしも悪くない」こと、さらに「経済協力開発機構(OECD)の雇用保護指標でみると、デンマーク、オランダ、スウェーデンは少なくとも日本よりも正規労働者の解雇がしにくい国だ」という指摘は傾聴に値する。

日本は労働生産性が低いだの解雇しにくいだの、日本経済新聞でさんざん読んできたように思うけど、実はそうでもないということか?

ナイーブな自分は人間不信(新聞不信)になってしまいそうだから、“働く人応援”宣言などというのであれば(それはテレビ東京だったか?)、(筆頭株主の)日本経済新聞さんも日本の働く人(働かされる人)のことを思うなら、より正確な情報を伝えてほしいな・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-06-27 18:24 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム