「集団思考の罠」の罠・・・

「PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則」(レイ・ダリオ 著、斎藤聖美 訳)という本の感想、3回目。

集団思考について書かれており気になった。
集団思考に気を付けよう。誰も気にかけていないからといって、悪い状態にないというわけではない。何か容認できないことを見つけたら、他の人も知っているのに誰も騒がないから問題じゃないんだと思わないように。これはよく陥る罠だ。しかも、致命的な罠だ。

集団思考について否定的なニュアンスであり、その理由は集団思考に陥ると危機意識が低下することにあるようだ。

それはすなわち、ある意味、集団思考に陥るとポジティブ幻想(ポジティブ・イリュージョン)を抱くようになると言うことだろう。


そのことを踏まえて昨日書いた孤独の問題を再び考えてみると、孤独が人を蝕むのは集団思考によるポジティブ幻想を抱けなくなることにも関係があるのではと思えてきた。

つまり、孤独になると集団思考によるポジティブ幻想を抱けなくなるため、危機意識の低下が起きず、その結果、低下せずに残った(強い)危機意識が心を蝕むことになるのでは・・・。


というように考えると、集団思考によって危機意識が低下してしまう罠に陥らないように気を付けるのも必要だろうけど、その結果、低下せずに残った(強い)危機意識によって心を病んでしまうというような状態に陥らないようにも気を付けていきたい。

すなわち、「集団思考の罠」に陥らないように気を付けつつも、『「集団思考の罠」の罠』にも陥らないように気を付けたい・・・。




さらに、集団になると集団思考(→ポジティブ幻想)を抱けるようになることが、人を集団に駆り立てる要因の一つになっているのだろう。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-06-29 20:16 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム