ドラマ「集団左遷」を観たアラフォーサラリーマンが感じたこと・・・

昭和生まれのアラフォーサラリーマンが平成最後の4月から観ていたテレビドラマ「集団左遷」が令和最初の6月に最終回を迎えた。

このドラマを始めて観たときの第一印象は、「この主人公は福山雅治氏に似てるな」というものだったけど、実は本物だったようで、その若々しさに驚いた。

福山雅治氏と言えば、アラフォーの自分は高校時代からその活躍を認識しており、少なくとも自分よりも年上のはず。

調べてみると、ちょうど10歳くらい年上のようで、すなわちアラフィフなのだ。

タイトルに書いた「感じたこと」とは、アラフィフのはずの福山氏が全然アラフィフには見えないこと。身の周りのアラフィフサラリーマンと比較しても若々し過ぎるし、サザエさんの磯野波平氏(54歳の設定)と5歳くらいしか変わらないなんて・・・(あと5年で波平氏のようになるとはとうてい思えない・・・)。



そんなどうでもいいことを考えているうちにこのドラマは終わってしまったけど、その違和感だけはまだしばらく頭の中に残り続けそうだ。

そういう自分は年相応に見られているのだろうか?? ちょっと心配になってきた・・・。





なお、このドラマで福山氏は勤めている会社(銀行)の不正と闘っていたけど、さえない自分は会社の不正について考える余裕なんてなく、自分がいかに生き残るか(給料を確保し続けるか)を考えるだけでいっぱいいっぱいなのだ。

きっと、そういう姿勢が不正につながっていくんだろうな・・・。





ちなみに、このドラマの主人公が波平氏だったら不正と闘っただろうか?

イメージ的に全然勝てそうな気がしないけど・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-07-06 07:11 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム