金融機関は高齢者の犠牲の上に・・・

「かんぽ不正、信頼逆手に」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
日本郵政グループで不正販売の広がりが止まらない。かんぽ生命保険では社員が故意に保険料を二重徴収した疑いまで発覚した。高齢者ら住民が郵便局に抱く安心感を逆手にとったとも受け取られかねない事態だ。日本郵便とかんぽ生命の両社長は10日にも記者会見で状況を説明するが、一連の不正は法令に抵触する恐れがあるとの指摘も出ている。

極端に言うと、かんぽ生命は高齢者からお金を騙し取っているということと理解した。

先日の日本経済新聞にも、銀行が投資信託を使って(極端に言うと)高齢者からお金を騙し取っているというような話が載っていた。

現実問題として、金融機関は高齢者の犠牲の上にしか成り立たないのかも・・・。

と言うのも、金利は低いし、他社との競争で手数料などは下げざるを得ないし、若者にはお金がないし、というような状況を考えると、強引にでもお金のある高齢者から取るしかないような・・・。


まあでも、よくよく考えると、お菓子業界(スイーツ業界)は自分のような甘いもの好きの犠牲(糖尿病になりそう)の上に成り立っているだろうし、アルコール業界は自分のようなアルコール好きの犠牲(アル中になりそう)の上に成り立っているだろうし、多くの商売は誰かの犠牲の上に成り立っているのかもしれない・・・。



ということで、あらゆる業界のいろいろな商売の犠牲にならないようにせいぜい気を付けていきたい。

といっても、アルコールや甘いものの犠牲には(自ら進んで)引き続きなり続けそうだけど・・・。





ちなみに、好意的に受け取ると、高齢者への金融資産の偏りを金融機関が是正してくれていると言えるのかも・・・。




なお、このようなニュースを聞くと、「郵便局さえ信じられないのに年金を信じろと言われても・・・」とか思ってしまいそう。

郵政民営化のように、そのうち年金民営化とかなったりして・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-07-14 07:13 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム