うまくいかない夫婦は議論よりも口論ばかり・・・

「THE RHETORIC 人生の武器としての伝える技術」(ジェイ・ハインリックス 著、多賀谷正子 訳)という本を読んだ。

レトリック(説得術、自分の考えや思いをうまく相手に伝える技術)について解説する内容であり、大変興味深い内容だった。


まず重要なことは、議論の「目的」を決めることと書かれていた。

それに関連して、うまくいく夫婦とうまくいかない夫婦の違いについての記載があり、印象的だった。
ワシントン大学にある「愛情の実験室」で、ゴットマンはアシスタントとともに、9年にわたって何百組もの夫婦の様子をビデオに収め、すべてのテープをじっくり研究した。(中略) 結婚生活が続いている夫婦は問題を解決して互いの違いを認め合うために議論していたようだ。(中略) 一方、うまくいかなかった夫婦は、同じ時間、相手を攻撃することに費やしていた。(中略) つまり、うまくいっている夫婦は「議論」し、うまくいかない夫婦は「口論」をしていたのである。

すなわち、話し合いの目的はあくまで問題を解決することにすべきであり相手に勝つことではない、ということと理解した。

特に議論における問題解決とは、自分の狙い通りに相手に行動してもらうこと。



また、目的に関連して「時制」に気を付けるべきと書かれており、なるほどと思った。

すなわち、「過去形」を使うのは責任の所在について話し合うとき、「現在形」を使うのは価値観ついて話し合うとき、「未来形」を使うのはこれからの選択(決断)について話し合うときであり、議論では未来形を使うべきとのこと。

過去や現在のことをアレコレ言うよりも、これからどうするかが問題なのだ。



ということで、仕事でなんとかやっていくためにも、円満な夫婦生活を送るためにも、過去や現在のことよりも、将来的な目的ファーストで話し合い(議論)をするべく努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-07-27 06:11 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム