高いコストを払う価値のある金融アドバイザー・・・

『「お金の相談員」玉石混交』という記事が、日本経済新聞に掲載されていた。

独立系金融アドバイザー(ファイナンシャルプランナー、金融商品仲介業者、投資助言業者)の多くは、高コストな投資信託や必要のない保険を買わせるなど顧客の味方とはいえないのが実態であり、顧客本位の独立系金融アドバイザーを育成する必要がある、というような内容。


顧客本位はぜひともお願いしたいところだけど、ただ、金融アドバイザーには同情してしまう部分もある。

すなわち、投資信託にしろ保険にしろ良い金融商品は基本的に低コストであり、高いコストを払う価値のある金融商品はなさそうなこと(ヘッジファンドもほとんどは市場平均に負けてしまうのだ)。

したがって、高いコストを払うに値するアドバイスもなさそうであり(良いアドバイスは低コスト)、そのことはアドバイザー自身がよくわかっているだろうし(良いアドバイザーは低コスト)、さらに、顧客本位のアドバイスをすればするほど顧客もそのことに気付いてしまうに違いない(良いアドバイザーの顧客は低コスト志向)。


というようなことを考えると、顧客本位の“低コスト”アドバイザーは淘汰されて、自分本位の“高コスト”アドバイザーばかりが残ってしまい、その結果が今の状況(かんぽ生命保険の問題も含めて)なのかもしれない。


ということで、顧客本位の独立系金融アドバイザーを育成したとしても、結局淘汰されてしまうだけかも・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-08-05 19:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム