「平常心」が勝負の分かれ目・・・

「不動心」(松井秀喜 著)という本を読んだ。

当時米大リーグのニューヨーク・ヤンキースでプレーしていた著者が、それまでの野球人生のエピソードも交えながら、野球に対する考え方や気の持ち方などを紹介する内容。


「平常心」について書かれた箇所があり、印象的だった。
ここで一打出れば勝てる、という場面で打席が回ってきたとします。何を考えますか。ヒットを打ちたいと思うでしょう。ホームランを打ちたいと思うでしょう。僕にも、そうした思いが頭をよぎります。

しかし、「打ちたい」と強く願ったからといって、打てるわけではありません。もしも、願いの強さで結果が変わってくるならば、いつも念じます。それこそ400打席同じように念じて、400本塁打を打ちたいです。

しかし、結果を左右するのは、願いの強さよりも「平常心」ではないかと思います。400打席、同じような心境で打席に入れるかどうか。

一打出れば勝てるという場面は、相手投手にとっては、一打浴びれば負ける場面です。ピッチャーとバッターのどちらがより「平常心」で臨んでいるかが、勝負の分かれ目になるような気がします。

チャンスに強いバッターというのは、要するに、ここぞという場面でも「平常心」を保てる選手ではないでしょうか。だから、僕は162試合同じように準備をして、すべて同じ心境で打席に入りたいと思っています。ここぞという場面で打つためにです。

あまりスポーツをしない素人の勝手な印象として、スポーツの中でも特にゴルフには平常心が重要そうだと思っていたけど、野球においてもピッチャーとバッターの闘いは「平常心」度合いを競う闘いという側面もあるようで、個人的にはすごく印象的な話だった。


平常心と言えば、さえない自分はすぐにテンパって心が乱されてしまい、平常心のかけらも見当たらない。

これからは、「平常心が勝利を呼ぶ」と考えて、もっというと、「平常心がお金を生む」と考えて、平常心を意識して資産形成に励んでいきたい・・・。



まあでも、平常心で勝つためには、平常心になれば勝てるというだけの力をつけておくのが大前提に違いない。

精進あるのみ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-08-09 06:15 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム