才能ハラスメントが酷すぎる・・・

「不動心」(松井秀喜 著)という本の感想、3回目。


才能に恵まれたスター選手が人一倍努力している、という話が印象的だった。
ヤンキースにアレックス・ロドリゲスという選手がいます。「A・ロッド」と呼ばれる三塁手です。27憶円の年俸は大リーグナンバーワン。走攻守三拍子揃い、打球を遠くに飛ばすことにかけては、天性の素質を持っています。

そんな彼が、とにかくよく練習します。毎年2月にタンパで行われるスプリングトレーニングでも、だれよりも早く球場入りします。毎朝7時に来て練習に付き添っていたコーチが、しまいには悲鳴を上げたそうです。(中略)A・ロッドほどの才能の持ち主でも、自分を向上させるために人一倍、努力をしているのです。

こんな話を聞くと、才能に乏しいくせに努力も足りない自分が恥ずかしくなってくる・・・。

また、世間一般的にも(特に仕事上では)、才能に乏しい自覚があるならばせめて人よりも努力するべき、と思われてしまう(思われてしまっている)に違ない・・・。


とすると、自分は才能の乏しさ故に惨めな思いをする上に、さらに人よりも努力することを強いられるということであり、表現を変えると、才能の乏しさ故に精神的かつ肉体的な苦痛を強いられる、ということができそうだ。

このような苦痛は、才能に恵まれた者が才能に乏しい者に強いる苦痛であり、言わば「才能ハラスメント」と言うこともできそう。



ということで、この酷すぎる「才能ハラスメント」社会の現状を改善するためにも、ネットの片隅でひっそりと訴えておくとしよう。



というさえないサラリーマンの愚痴、というより被害妄想・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-08-09 10:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム