「ネガティブ思考で優柔不断」は貴重な才能・・・

東京大学名誉教授・国際基督教大学名誉教授である村上陽一郎氏の記事が日経ビジネス(2019年1月21日号)に掲載されていた。

「ネガティブ・ケイパビリティ」という言葉が出てきて気になった。
科学史や科学哲学に私が取り組むようになってから、60年ほどになります。この分野においてこれまで様々な研究をしてきました。最近特に注目しているのが「ネガティブ・ケイパビリティ」です。

この言葉は、問題が起きた時に解決策にすぐに飛びつくのではなく、「本当にこの解決策でいいのだろうか」と考え直したり、「実は別の解決策があるのではないか」と検討したり、「そもそも今問題と思っていることは、問題ですらないのかもしれない」と考えたりする能力を指します。

問題が未解決のままいろいろなことを考えますから、ネガティブ・ケイパビリティは「解決に至るまでの時間を耐える能力」ともいえるでしょう。

私たちの社会では、「簡単に解決できないこと」が増えてきます。「解決に至るまでの時間を耐える能力」が重要だと思います。

「ネガティブ・ケイパビリティ」とは、失敗が許されないような状況下において行動する前にいろいろな可能性を考え尽くそうとするような、あれこれ考え続ける能力、と理解した。

例えば、アポロ計画(アメリカの人類初の月への有人宇宙飛行計画)のときに、万全を期すためにいろいろな可能性を考え尽くして備えたようなイメージ。


一方、日々のサラリーマン生活で求められるのは、どちらかというと、短期間で60点の成果を出すために即断即決即実行する能力であり、ネガティブ・ケイパビリティとは正反対。


自分は、ネガティブ思考なため優柔不断でなかなか決められず、すぐにあれこれ考え込んでしまう傾向があるので、サラリーマンとしてはいまいちだけど、もしかしたらネガティブ・ケイパビリティの素質はあるのかもしれない。

令和になってようやく時代が自分に追いついてきた??


ということで、「ネガティブ思考で優柔不断」という能力が評価される喜ばしい時代がくるかもしれない。


とはいえ、まずはその前に、「ポジティブ思考で即断即決即実行」が求められる目の前のサラリーマン生活をなんとか生き抜いていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-08-13 06:18 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム