GAFAのロビー活動費 政治家をお金で黙らせる・・・

「ロビー活動費はグーグルが断トツ」という記事がニューズウィーク日本版(2019年2月5日号)に掲載されており気になった。

GAFAなど米IT企業のロビー活動費に関する話。

記事からの抜粋。
IT企業の本社が西海岸のシリコンバレーにあることは、東海岸にある首都ワシントンで発言力がないことを意味しない。ロビー活動公開法で公開された資料によると、各企業は毎年数百万ドル以上を使い、米議会に影響力を及ぼそうとしている。

なお、ロビー活動費は以下のような金額とのこと。
・グーグル:2120万ドル
・アマゾン:1420万ドル
・フェイスブック:1260万ドル
・マイクロソフト:950万ドル
・アップル:660万ドル


グーグルの2120万ドルというのは、日本円に換算すると約23憶円であり、巨大企業だからこそ出せる金額なんだろう。

IT企業が巨大になると、ネットワーク効果や入手できるデータ量などの面で有利になるだけでなく、政治面でも有利になるということか。

有利になるというより、個人情報保護や独占禁止などを問題視されないように政治家をお金で黙らせていると言った方がより正しいのかもしれない。

なお、政治家をお金で黙らせていると言うなら、消費者は便利さ(使えなくなった場合の不便さ)で黙らせていると言えそうだ。


というような被害妄想めいたことを書いてしまったが、個人的には株価を上げてさえくれれば万々歳なのだ。

僕を株価で黙らせて欲しいな・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-08-14 07:20 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム