グローバル化が世界経済を不安定にする・・・

「欲望の資本主義 欲望の貨幣論」というNHK(BS)のテレビ番組の感想、3回目。


資本主義から外部がなくなった、という話が印象的だった。
今 直面している資本主義はグローバル化して もはや外部が無くなってしまった

(従来の資本主義は)常に外があって不純物があって それによって資本主義の持っているいろいろな問題がチェックされていた

資本主義が純粋化したことによって 資本主義が持っている本来的な不安定性 破壊性が全面的に出てきてしまった

資本主義が機能するためには非合理性が必要という話を前回書いたけど、非合理性の一番の供給源は資本主義の外部(交易はあるけど資本主義ではない国々)だったということなんだろう。

今となっては、グローバル化が進んで資本主義の外部がなくなってきたため、非合理性が不足して不安定になってしまったということか。

不安定とは、例えば、世界中がみんなそろって合理的な行動を取ろうとする結果、世界規模の激しい金融危機が起きてしまうようなイメージ。


ということで、グローバル化が進んだ世界では、今後も世界規模の金融危機は起き続けるだろうことを肝に銘じておきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-08-16 09:34 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム