円と心中する運命・・・

「金高騰、買い手は中銀」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
高騰する金の買い手として世界の中央銀行の存在感が目立っている。

この半年間で最も増やしたのは100トン近く買ったポーランドで、保有量をほぼ倍増させた。ポーランド中央銀行は金を重要な資産と位置づけ、「金融の安定性をしっかり守るよう準備資産を築いている」(グラピンスキ総裁)。

中国やロシアなどは外貨準備の米ドルの代替資産として、金の保有を増やしている。米中対立が激しさを増すなか、ドルの先行きは不透明とみて、資産をドル以外に分散する動きだ。

米中対立をきっかけに国債に資金が向かい、世界的に長期金利が急低下した。日欧など世界でマイナス金利が広がっており、長期保有すると損失が出る国債が少なくない。金には利息が付かないが、中銀は準備資産を保全する対象として金に目を付けている。

米中対立が激化したり欧州や日本でマイナス金利が広がったりしている状況下において、資産の置き場所として金が買われて高騰している、と言うことのようだ。


改めて考えると、(外国株式への投資を除くと)自分は資産の大半を円(貯金)で保有しており、円に問題が発生したら心中する運命にありそうだ。

そう考えると、安全資産の一部を円以外(金や外国債券など)にも分散しておいた方が良いのかも。

まあでも、安全資産ではないけど(円以外という意味では)外国株式にも分散しているということで、自分の中ではお茶を濁しておくとしよう・・・。


ということで、円になにかあったら心中する運命にあるだろうことを頭の片隅に置きながら、引き続き資産形成に励んでいきたい・・・。



なお、円に限らず日本になにかあったら心中する運命にあるだろうから、本当にやばい事態になったら資産を分散しておいたところでそれほど助けにはならないのかも・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-08-25 10:15 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム