AIはインデックス投資にたどり着くのか・・・

「AI活用のファンドは高収益を実現できるか」という早稲田大学顧問野口悠紀雄氏の記事が週刊ダイヤモンド(2018年6月2日号)に掲載されており気になった。

AIやビッグデータを用いたアクティブファンドはインデックスファンドには勝てない、と書かれており、そう考える理由として次の2つが挙げられていた。

1.ビックデータやAIを活用しても株価等の資産価格の将来の動向を予測できるわけではない
2.最も成績が良いポートフォリオは市場のポートフォリオである(ファイナンス理論より)


そう言われるともっともなことのようにも思ってしまうけど、上記内容が正しいとしたら、インデックスを上回る成績を目指すというアクティブファンドは、ハンドパワー(超能力)でスプーンを曲げるというマジシャンのようなものなのだろうか?


また、上記内容が正しいとしたら、学習した賢いAIはアクティブ運用を辞めてインデックス運用を始めるのだろうか?


というより、そもそも学習した賢いAIは投資をするのだろうか? 投資から撤退して貯金し始めたりして・・・。



ということで、学習しても未だによくわからない自分は、騙されたと思ってインデックス投資を継続しておくとしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-09-07 08:15 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム