ゾンビ企業のゾンビ社員・・・

「ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論」(朝倉祐介 著)という本の感想、3回目。

「ゾンビ企業」という言葉が出てきて気になった。
資本効率の悪い経済活動しかできない会社であれば、他社に吸収されるなり清算されるなりして統廃合するほうが、ファイナンス的には正しい意思決定のはずです。マクロ的な観点に立てば、より競争力のある企業に資本を集約し、業界の再編を図っていくことが、日本の産業が競争力を維持するうえでは重要です。

しかしながら、倒産件数の増加は日本では往々にして「悪」であると解釈されます。その結果、産業全体の新陳代謝が進まず、市場から退出すべきゾンビ企業が残り続けてしまいます。同じ駅の西口と東口に似たようなスーパーが立ち並び、利益幅をすり減らしながら消耗戦を行っているという構図が、日本各地で繰り広げられているのでしょう。

このような「ゾンビ企業」の話を読んでたら、自分が勤めている会社もまさに「ゾンビ企業」なのではと思った。

ゾンビ状態から脱するべくもがいているようには思うけど、状況はますます悪化しているような。

さらに、そんなゾンビ企業で働いているさえない自分は(クビにするべき社員が残り続けているという意味で)ゾンビ社員に違いない。


まあでも、「ゾンビ」と呼ばれようとも、ゾンビなりに給料がもらえる今のうちにせいぜい資産を形成しておきたい。

さえない自分の場合、ゾンビ状態から脱しようとするよりも、ゾンビとしていかに生きていくかを考える方が良さそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-09-15 09:44 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム