アメリカで若者の鬱が急増・・・

「スマホが若者の鬱症状を増やしている(かも)」という記事がニューズウィーク日本版(2019年4月9日号)に掲載されており気になった。

アメリカで若者の鬱が急増しているとのこと。
学術誌ジャーナル・オブ・アブノーマル・サイコロジーに発表された論文によれば、アメリカでは00年以降、鬱症状や自殺行動が見られる若者の割合が急増している。研究チームは、SNSに費やす時間が増えて睡眠時間が削られていることが問題ではないかと考えている。

研究によれば、過去1年間に鬱症状を経験した12~17歳の若者の割合は、05年の8.7%から17年には13.2%に増加。18~25歳でも、09年の8.1%から17年には13.2%に増えた。

鬱が急増した原因としてSNSの広まりによる睡眠時間の減少が挙げられているようだ(特定されているわけではないようだけど)。

「若者のSNS疲れ」という言葉を聞いたことがあるけど、それが鬱をもたらしているということだろうか。


鬱と言えば、さえない自分も要注意だけど、その原因になりそうなのは断トツで仕事。言わば「おっさんの仕事疲れ」。

給料というリターンを得るために鬱になるリスクを冒していることを改めて認識し、せいぜい気をつけていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-09-16 06:19 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム