カルトのように働くしかない・・・

「ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか」(ピーター・ティール、ブレイク・マスターズ 著、関美和 訳)という本の感想、5回目。


「最高のスタートアップは、究極よりも少しマイルドなカルト」という話が印象的だった。

関連箇所を長々と抜粋。
究極の組織のメンバーは、同じ組織のメンバーとしかつるまない。彼らは家族を無視し、外の世界を遮断する。だけど、それと引き換えに強い仲間意識で結ばれ、普通の人が否定するような神秘的な「真実」に到達する。そんな組織はこう呼ばれる―「カルト」。完全な献身を求める文化は外から見ると狂気に映る。

でも、起業家は究極の献身の文化を真剣に受け止めるべきだ。生ぬるい仕事ぶりは心が健全なしるしだろうか? 単なる仕事と割り切った態度が、まともなやり方なのだろうか? カルトの対極は、アクセンチュアのようなコンサルティングファームだ。彼らに組織固有の際立った使命はなく、コンサルタントの入れ替わりが激しいために、長期的なつながりはまったく築けない。

最高のスタートアップは、究極よりも少しマイルドなカルトと言っていい。いちばんの違いは、カルトは重要な点を間違って盲信しがちだということだ。成功するスタートアップは、外の人が見逃していることを正しく信奉している。君がそうした隠れた真実をコンサルタントに教わることはないし、君の会社が従来のプロフェッショナルに理解されなくても心配する必要はない。カルトと呼ばれる方が、まだましだ。

イノベーションを起こすような仕事をしたければ、コンサルタントのようなスマートな働き方ではなく、カルトのような献身的な働き方をするべし、というようなことと理解した。

さえない自分の場合は、コンサルタントのようなスマートな働き方はできそうにないため、特にイノベーションを起こしたいわけではないとしても、なんとか生活費を稼いでいくためにはカルトのような献身的な姿勢が求められそうだ。


ということで、カルトのように働いてなんとか生き残っていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-09-22 06:22 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム