おいしすぎても逆に売れない・・・

「おいしすぎては売れない」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
カップヌードルやチキンラーメンの日清食品ホールディングスはどうか。安藤宏基社長の著書「カップヌードルをぶっつぶせ!」にその極意が書いてあるという。「創業者の安藤百福は、常々こう言っていた。『食品はおいしすぎてはいけない。少し余韻を残すことによって、再購入につなぐことができる』」

さらに安藤社長は「濃厚な味でおいしすぎると『満足感』がありすぎる。これでは当分リピートはない」と指摘している。

おいしいかどうかよりも、リピートしたくなるかどうかの方が重要、ということだろうか。

極端に言うと、「やめられない、とまらない」というような依存症になってくれるのが理想的なんだろう。

サラリーマンとしての立場からはなるほどと感心してしまうけど、消費者としての立場からすると企業はあくどいなと改めて思ってしまう。

お酒や甘いものについつい手が伸びてしまう自分は、そんなあくどい企業の術中にすでに嵌まってしまっているに違いない。


ということで、資産形成のためにも、そして健康維持のためにも、あくどい企業たちがそこら中に仕掛けている罠には嵌まらないようにせいぜい気を付けていきたい。

と言っても、お酒や甘いものは辞められそうにないんだけど・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-09-23 06:10 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム