資産形成プロジェクトを見える化する

「予定通り進まないプロジェクトの進め方」(前田考歩、後藤洋平 著)という本の感想、2回目。


プロジェクトをうまくコントロールするためのツールとして、著者らが考案した「プロジェクト譜」(プ譜)なるものが紹介されていた。

将棋でいうと棋譜のような位置づけであり、プロジェクトの進み具合を見える化するため(記録に残して共有するため)のツール。

関連箇所からの抜粋。
プ譜とは、プロジェクトのための「エディティング(編集的)ツール」であり、その目的は大きく二つあります。一つは、プロジェクトにおける状況の変化や関係性を可視化することで、プロジェクトの「問題」を理解、解決しやすくすること、もう一つは、プロジェクトマネージャとしての力量を上げるための仮想演習を行うことです。これらによって、プロジェクトの失敗を回避し、進めやすくすることが最終的な目的です。

兵棋演習、棋譜に共通するのは、「逐次変化する状況」が「可視化」されているということです。プロジェクトマネジメントにはWBSやガントチャートといったタスクやスケジュール管理のためのツールがありますが、これまでのツールに欠けているのは、「自分自身と状況・環境の変化」を記述し、把握し、メンバーと共有するための手法です。

プロジェクト譜(プ譜)の詳細については本を読んでいただくとして、自分なりに一言でいうと、「逐次変化していく場面場面の状況(目的・手段・リソース・成果(成功/失敗)など)を記録に残して見える化したもの」という感じ。

プ譜を作ったり見直したりすることで自分自身が理解を深めたり、関係者と共有することで認識を合わせたり、また、他人のプロジェクトのプ譜を見て学んだりすることができる。


具体的な手段の詳細はともかく、「逐次変化していく場面場面の状況(目的・手段・リソース・成果(成功/失敗)など)を記録に残して見える化する」というのはなるほどと思ったので、現在抱えている(当たり前のようにうまくいっていない)プロジェクトで試してみたい。


また、個人的な資産形成プロジェクトにおいて、今現在ブログに貼り付けている資産推移のグラフも見える化の一つと言えそうだけど、(ブログに反映するかどうかはともかくとして)資産形成プロジェクトをよりうまく進めるための見える化についても考えていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-09-28 06:27 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム