わかっていない残念な人・・・

「予定通り進まないプロジェクトの進め方」(前田考歩、後藤洋平 著)という本の感想、3回目。


「わかっていない人」と「わかっている人」の違いに関する記述が印象的だった。

認知心理学者佐伯胖氏の著書『「わかる」ということの意味』からの引用であり、日米の大学生に数学の文章問題を解いてもらって導き出したとのこと。
「わかっていない人」
・与えられた課題の中では何もかも与えられているとしている。
・与えられた問題は何も変えてはならず、問題として直接求められていること以外は何も求めてはいけないと思い込んでしまう。
・したがって、答えを出すというのは、そういう世界の中での「正しい求め方」というものに正しくしたがって出すということ以外にありえないと思っている。

「わかっている人」
・与えられた問題の中のいくつかの項目を、自分で動かしてみている。
・問題の中で与えられた事態を、問題の制約の範囲内で変化させてみている。
・当面の事態の中で、自分なりに新しい探求目標を設定してみて、それを達成するためにはどうしたらよいかと考えている。
・与えられた課題を与えられたものとみなさず、自分自身で「わかるべきこと」を設定し直すことができる。

仕事の場面では特に、自分は明らかに「わかっていない人」と言えそうだ。

すなわち、与えられた仕事を、与えられたままに、今まで通りの「正しいやり方」にしたがって受け身的に実施する、という残念な態度で取り組んでいるような・・・。


クビにならないようにするためにも、その対極である、与えられた仕事を、自分なりに定義し直して、許される範囲の「より良いやり方」を考案し能動的に実施する、というような「わかっている人」に少しでも近づけるように精進していきたい。


特に、「自分なりに定義し直す」というのがポイントのように思うので、社会や会社におけるその仕事の背景や意義、そして、自分自身の人生におけるその仕事の意味合いなどを勘案して、まずは与えられた仕事を「自分なりに定義し直す」ことから取り組んでいきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-09-28 08:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム