AIは支配や搾取に便利なツール・・・

「文章が読めない子、新聞を読まない人の末路」というプレジデント(2018年10月15日号)に掲載されていた新井紀子氏と佐藤優氏の対談記事の感想、2回目。

佐藤氏の次のコメントが気になった。
AIは統治者にとっては非常に有利なツールでもあります。ですから、統治者側の子どもたちには、そういったものには一切触れさせない一方で、統治される側のほうにはAI時代というかたちで浸透させていく。実際、新聞を読まない人たち、つまり、SNSに依存する度合いが強い人たちほど現政権を支持する傾向が高くなっています。

それに続く新井氏のコメントも気になる内容。
AIはお金を持っている人たちが制御しやすいツールなのです。どのように正解データをつくるかで、AIの動き方は決まってくる。それを客観的で公平なものだと思っていると本当に不利になります。

極端に言うと、AIは支配層が庶民を支配するための便利なツール、ということのようだ。

そしてまた、企業が庶民からお金を巻き上げるための便利なツールでもあるに違いない。

逆に、庶民にとっては、AIはアヘンのようなものだろうか。与えられたAIを楽しんでいるうちに搾取と支配が進んでいく・・・。


というように、疑った見方をすればキリがないけど、一庶民としての個人的な対策としては、AI中毒にならないためにも(前回書いた)AIへの反抗心を持ち続けることと、AI関連企業への投資を通じて搾取の恩恵にあずかること、に努めていきたい。

といっても、AIの想定の範囲内で何の対策にもなっていないかもだけど・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-10-13 06:22 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム