資本主義は人生の難易度を上げていく・・・

「文章が読めない子、新聞を読まない人の末路」というプレジデント(2018年10月15日号)に掲載されていた新井紀子氏と佐藤優氏の対談記事の感想、3回目。

「資本主義は終わる」という新井氏のコメントが印象的だった。
具体的なことを申し上げると、私の周りでも、多くの大学生が修士をでるまでに600万円くらいの借金をしています。もし大学院生の男女が結婚したら、その瞬間に両方で1000万円以上の借金ができることになる。20代で1000万円以上の借金があったとしたら、子どもなんて怖くてつくれません。

その状況で、3人子どもを産むなんて絶対に無理なのです。しかも、仕事が非常に不安定な状況で、稼げる見込みもない。では、そうしたお金が稼げないような人たちが今、何を言い始めているのか。結婚することと子どもを持つこと、家や車を持つこと。このコストだけで1億円くらいかかる。これを全部あきらめれば、このコストからフリーになれると言っているのです。それをプロレタリアートに言われたら、もう資本主義は終わるのです。

そうすると、もう本当に国民国家は終わるのです。結婚はしません、家は持ちません、車などのレジャー消費はしません。それで、勉強はしません、自由になりますと言われたら、それはもう終わるのですよ(笑)。

対談しているお二方や、この雑誌の一般的な読者層にとっては家族や家や車やレジャーはあって当たり前であり、人生は楽勝なのかもしれないが、さえない自分としては人生の難易度は高すぎるように思う。しかも、難易度はどんどん上がっているような・・・。

資本主義は経済発展をもたらすけど、同時に人生の難易度の上昇ももたらしているに違いない。

そして、難易度の上昇に人々がついていけなくなったら資本主義は終わりを迎える。

というような感じだろうか。


そのようなことを考えると、人生の難易度は今後も上がり続けるだろうから、さえない自分としては少しでも難易度が低い今のうちに資産形成に励んでおくほうが良さそうだ。

ますますレジャー消費なんてしている場合では無い・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-10-13 07:32 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム