マイナス金利は続くけど株価は好調・・・

「世界マイナス金利クラブ」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

米国もマイナス金利になってその対応に本気になるまで日欧のマイナス金利状態は続くだろう、というような話が気になった。
世界的なマイナス金利の波及という人類の歴史初の事態で、既に金融機能が低下する兆候も見られる。それでも、これだけ異例な状況が看過されるのはなぜだろうか。

第1に、問題が金融機関という一業種に限定され、世の中一般の景気は悪くないとの意識があるからだ。

第2に、日本や欧州がマイナス金利でも依然として金融市場で大問題になっていないのは、米国の金利はまだマイナスになっていないからだ。

今日の通貨戦争下、自分だけ利上げをして通貨価値が上がれば損をするという、囚人のジレンマから抜け出しにくい事情を各国は抱える。従って、米国がマイナス金利になって本気でレジームを変えようとするまで、世界は現在の環境に耐えなくてはいけない。問題はその持久戦に市場参加者が耐えられるかだ。

ここ数年マイナス金利状態が続いているけど、その間の株価は日本も世界もおおむね好調であり、気付いたら直近も株高になっている。

株価を上げるためにマイナス金利にしたというのもあるのかもしれないけど、マイナス金利というある意味異常な経済状態が続いているというのに、株価は好調というのは(素人目に見て)なんだかおかしな話のように思える。

さらに、マイナス金利という異常な経済状態が続く中、また、日銀がETFを買って株価を吊り上げている中、老後のためにと国民に投資を推奨するのもなんだかおかしな話のように思える。国民の老後のためというより、直近の株価を吊り上げるために投資を推奨しているのでは? と変に勘繰られてもしかたないような・・・。


というようなネガティブなことを考えてしまうけど、自分の素人考えもあてにならないので、積立投資は引き続き継続していきたい(外国株式だけど・・・)。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-10-27 07:17 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム