庶民の価値はどんどん低下していく・・・

「ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来」(ユヴァル・ノア・ハラリ 著、柴田裕之 訳)という本の感想、8回目。

人間全員に価値を認めることが合理的だった、というような話が印象的だった。
自由主義が支配的なイデオロギーになったのは、たんにその哲学的な主張が最も妥当だったからではない。むしろ、人間全員に価値を認めることが、政治的にも経済的にも軍事的にもじつに理に適っていたからこそ、自由主義は成功したのだ。近代以降の産業化戦争の大規模な戦場や現代の産業経済の大量生産ラインでは、一人ひとりの人間が大切だった。ライフル銃を持ったり、レバーを引いたりする、一つひとつの手に価値があった。

すなわち、権力者にとって、経済的に成功するためにも軍事的に成功するためにも庶民の力は重要であり、そんな庶民の力を効果的に引き出すためには自由主義的な体制が適していた、ということのようだ。

しかし、ロボットやAIがますます発展していくこれらからの時代、権力者にとっての庶民の価値はどんどん低下していく運命にある。

すなわち、大勢の庶民よりも一人の天才や一台のロボット(AI)の方がお金をたくさん稼いだり人をたくさん殺したりできるようになっていく(すでになっている)。


ということで、これからの時代、庶民である自分の価値はどんどん低下していくだろうから、少しでも価値が残っており仕事に就けている今のうちに少しでも多くの資産を形成しておきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-11-09 00:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム