因果関係は空想の産物 疑ってかかるべき・・・

『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』(伊神満 著)という本の感想、3回目。

「相関関係」と「因果関係」の違いに関する話が興味深かった。関連箇所を長々と抜粋。
・「相関関係」は生のデータの中に勝手に存在している
 ので、見つけるのは簡単だ、だが問題は、
・相関関係と「因果関係」は全くの別物だ
 という点にある。

では因果関係を発見するには、どうしたらいいのだろうか? 残念ながらそれは不可能である。極論すると、
・「因果関係」は、私たちの頭の中にしか存在しない。

相関関係ならばデータの中に勝手に生息しているが、因果関係はそれとは根本的に異なる性質の「概念」なのである。そして何をもって「論理的」で「科学的」な因果関係(の証明)とみなすかは、時代によって分野によって、ときには人によっても違う。

「因果関係を証明する完全無欠で絶対確実な統計手法」などというものは存在しない、と、そういうふうに一旦割り切っておいた方がいい。

私のUCLAにおける博士課程の指導教授であったエド・リーマー氏(専門は国際貿易の理論と実証、そして計量経済学)はこう言った。
「相関関係はデータの中にある。しかし因果関係は、我々の頭の中にしかない」
相関関係は「現実」だが、因果関係は「空想の産物」である。

「因果関係」(原因と結果の関係)は普段何気なく使っている概念だけど、厳密に「因果関係」を証明するのは困難であり、普段「因果関係」と言われているものは厳密に証明されたものではなく極端に言うと「空想」に過ぎない、というようなことのようだ(と理解した)。

なんらかの因果関係について聞いたり読んだりしたら、まずは疑ってかかった方がいいのかもしれない。

例えば、老後資金が不足する原因は投資せずに貯金するからだろうか?

地球温暖化の原因はCO2の排出だろうか?

酔っぱらった原因はお酒を飲んだからだろうか?


このようにブログを上手く書けない原因は文才が無いからだろうか・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-11-10 07:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム