説明の詳しさとわかりやすさは両立しない・・・

「心理学者が教える 読ませる技術 聞かせる技術」(海保博之 著)という本の感想、4回目。


『「説明の詳しさ×説明のわかりやすさ=一定」法則』という話が出てきて気になった。

すなわち、詳しさとわかりやすさは両立せずに反比例の関係にあるということ。

確かに、わかりやすさを重視するときは話を簡単化する必要があるし、逆に、専門的な詳しい説明をするときはわかりやすさが犠牲になってしまう。

そのように考えると、説明するときには詳しさとわかりやすさのバランスを考えることが重要なんだろう。



まあでも、このようなことは一般的なサラリーマンにとっては常識的なことに違いない・・・。

自分は、そのような基本的なことがわかっていない上に、さらに(上記式の)右辺の「一定」値(それがすわなち説明能力なんだろう)が低すぎるに違いない・・・。



ということで、詳しさとわかりやすさのバランスに気を付けると共に、説明力の底上げをするべく精進していきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-11-17 18:40 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム