「パターン認識」 VS 「ゼロベース思考」

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』(山口周 著)という本の感想、5回目。

「パターン認識能力」がアダになる、というような話が印象的だった。
私たちがこれから直面することになる状況の多くは、過去の問題解決において有効だった手段が必ずしも使えない状況、パターン認識力の高さが、そのまま問題解決の能力に繫がらない、むしろ状況を見誤らせることになる状況です。

このような状況において、まず必要なのは、何が起きているのかを虚心坦懐に「見る」ということでしょう。

つまり、これまでに身につけてきたパターン認識力を一旦脇に置いて、いわゆる「ゼロベース思考」をとりいれる必要がある、というようなことと理解した。


まあでも、いつもゼロベースで考えていたら時間がいくらあっても足りないだろうから、時間短縮の手段であるパターン認識とのバランスが重要に違いない。

ただ、普段はパターン認識に偏り過ぎているように思うので、もっとゼロベース思考をとりいれた方が良さそうだ。



ということで、パターン認識とゼロベース思考のバランスをとるよう努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-11-23 21:27 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム