投資の常識は変わっていく・・・

「変わる投資の常識」という記事が日本経済新聞の「大機小機」というコラムに掲載されていた。

債券投資と株式投資の常識が変わった、というような話が印象的だった。
従来、投資に関する教科書では、債券投資は利払いに伴うインカムをより重視し、株式投資は配当よりも価格変動に伴うキャピタルゲインを期待するとされてきた。

こうした教科書的な前提は変わってしまった。今日、日本ではマイナス金利に伴い10年程度までの年限でマイナス金利になったなか、債券のインカムに依存できず、むしろマイナス金利ゾーンでの価格変動、キャピタルゲインを期待する投資になっている。一方、マイナス金利でも配当はマイナスにならないなか、株式の配当の重要性が高まり、株式はインカムを重視して投資する考えが生じている。

アラフォーの自分は、まだまだ数十年は投資を続けるつもりだけど、投資の常識はこれからもどんどん変わっていくのだろう。

自分は外国(先進国)株式のインデックスファンドへ投資しているけど、投資の常識が変わるとその影響を受けるに違いない。

まあでも、投資の常識だけはでなく、社会の常識も仕事の常識もどんどん変わっていくだろうから、都度対応が必要になりそうだ。



ということで、常識の変化には注意しながら、とりあえず外国(先進国)株式への投資とさえないサラリーマン生活を続けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-11-24 01:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム