「仕事」で稼ぐか「投資」で稼ぐか・・・

「スッキリ中国論 スジの日本、量の中国」(田中信彦 著)という本の感想、2回目。


お金を稼ぐことに対する日本人と中国人の考え方の違いが印象的だった。
日本人は、お金を稼ごうとした時、頭にまず出てくるのは「仕事」であり「働くこと」である。仕事や労働は収入をえるための手段であると同時に、時にはそれ以上に、それ自体が価値を持っている。よい仕事をして世間に認められれば結果的にお金が入ってくる――と考える。それをコツコツ蓄積して資産をつくる。

一方、中国人は「お金が欲しい」と思った時、まず考えるのは「投資」である。現実に何らかの仕事に就いて働くとしても、それは投資の原資を稼ぐとか、その業界や市場の知識を得るために働くのであって、頭の中には常に投資(=お金に働かせる)という観念がある。

今でこそ「投資」をしている自分も、資産運用に目覚めるまでは「稼ぐ」と言えば「仕事」だった。

日本社会では、世間一般的にも「稼ぐ」と言えば「仕事」のように思うし、さらに、抜粋部分に書かれているように「仕事」をすること自体に価値があると考えている節がある。


自分はサラリーマンとして仕事をすることに価値を見い出せないけど、生活費や投資資金を稼ぐには「仕事」をせざるを得ないし、また、収入源の分散としての「仕事」には価値があるように思う。


ということで、収入源を「仕事」に分散する必要がなくなるほどの資産を築ける日(アーリーリタイアできる日)を夢見ながら、「仕事」と「投資」のバランスがとれた資産形成に努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-11-30 00:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム