変人には変人の資産形成がある・・・

「コンビニ人間」(村田沙耶香 著)という本を読んだ。


普段はノンフィクションばかり読んでいるけど、久しぶりに小説を読んでみた。

この本を読んでみようと思った理由
1.芥川賞受賞作品でありながら気軽に読めそうだったこと
2.コンビニは学生時代にバイトしていたためタイトルが気になったこと
3.著者が同世代なこと


どんな話なのかを知らずに読んだけど、初めは正常に思えた主人公(コンビニでバイトしている30代の女性)の異常ぶりが話が進むにつれてどんどん際立ってくるような内容だった。

変わり者(普通の人からすると異常)との自覚がある自分は、話の途中くらいまでは共感できる内容だったけど、後半は変わり者の自分からしても異常に映る内容だった。正常な人は前半から異常さを感じるのだろうけど・・・。


そもそも絶対的な正常なんてなく、正常は多数決で決まるようなものなんだろうけど、人間社会を生きていく上で多数派に身を置くことは重要なのである程度の正常さは必要不可欠に違いない。

まあでも、正常どストライクの人もなかなかいないだろうから、ほとんどの人はある程度の異常さ(多数派から外れているという意味で)を持ち合わせているのだろうけど。


逆に、その異常さ(多数派との違い)が武器になることもあるだろうから、異常さも一概に悪いとは言えない。

例えば、歴史上の偉人たちは異常な人のオンパレードだろうし、また、こんな本を書けてしまう著者も異常度の高い人に違いなく、その異常さを活かして芥川賞をとれるような本を書くことができたのだ。


自分も、自分の異常さを活かした資産形成ができるように心掛けていきたい。

そのような視点で改めて考えてみると、既に異常さを活かした資産形成ができているようにも思う。

例えば
1.異常なまでのケチさを活かして節約する
2.異常なまでの我慢強さ・ストイックさを活かしてさえないサラリーマン生活を続ける
3.異常なまでの受け身体質を活かしてインデックスファンドの積立投資を継続する


ということで、これまで以上に異常さを活かした資産形成を目指していきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-11-30 13:26 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム